【会員限定記事】バストからウエストラインの引き締めなら「前鋸筋」や!!

おはようございます!本日も朝から例の国際通りスタバにて記事執筆(アップするのは恐らく夜になりますが)をしております、studio kinari(スタジオキナリ)のミナミヨシトです。

沖縄は先週に引き続きまた今日から台風ですね。台風で仕事休み大好き芸人の僕としてはもうそれはむちゃくちゃ強い台風が来てもウェルカムなのですが、お客様のお話を聞いていると、地域によっては停電にさらに断水と結構被害を受けていた方もいたみたいで素直に喜んでもいられないんだなと反省しました。。。

さぁ、今日も参りましょう!!

バストからウエストラインの引き締めなら「前鋸筋」や!!

前鋸筋の「鋸」はのこぎりという意味

というわけで、前回の「肩こりに悩む人は「菱形筋」が原因かも」の記事はご覧になったでしょうか?

今回ご紹介する前鋸筋という筋肉は前回ご紹介した菱形筋と主動拮抗関係にある筋肉です。つまり、どちらか一方が働いているときは、どちらか一方が緩んでいる状態ということです。

この前鋸筋ですが、読み方を「ぜんきょきん」と言います。

前鋸筋の「鋸」というのは「のこぎり」という意味だそうなんですが、こういった沖縄の皆様にすると

「は!?のこぎり??」

という反応を頂けます。ちなみに、僕は沖縄に住んでもう4~5年経ちますが、いまだに沖縄の方の「は!?」という反応(内地の人で言えば「え??」に相当する言葉)に慣れません。僕の研究によるとこの言い方にもいくつかバリエーションがあるようで、言い方によっては結構イラっとすることがあります(笑)

で、話は戻って、今回の前鋸筋は「のこぎりの形」ということですが、まぁ、割とマイナーな筋肉と言えばマイナーな筋肉なので(僕もこの仕事をしていなかったら死ぬまでに知ることのなかった筋肉かもしれません)、とりあえず形を見ておきましょう↓

凄くないですか??こんな形の筋肉。これが前鋸筋です。流石に僕のブログを読んで下さってる懸命な方でもこの筋肉を見ただけで働きが分かる方はいないと思います。

前鋸筋の働きは「パンチ」!!

さすがに形だけ見て働きが分かると天才というか変態に近いのですが、この筋肉がつながっている場所を確認してみると、肋骨から肩甲骨につながっているのがお分かりになるかと思います。

で、どちらが起始部(筋肉のはじまり、動かない)でどちらが停止部(筋肉の終わり、動くのはこっち)かと言うと、肋骨の方が起始部で肩甲骨が停止部ですので、この筋肉が働いたときにどこが動くかと言うと「肩甲骨」の方になります。

ですので、前鋸筋が働いたときの作用というのは二つ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。