【お客様の声シリーズ】食事制限で本当に「減る」ものは何か??

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。

今回は久々の「お客様の声シリーズ」ということで、最近お客様から頂いた声の中で一番印象深かったもののご紹介と、それについて色々思うことと身体の仕組みを説明をしていきたいと思います。

【お客様の声シリーズ】食事制限で本当に「減る」ものは何か??

今日もらったこんなLINE

まずは、実際にお客様から頂いたLINEの内容をちょろっと載せます↓

はい、トレーナーとしてこういう類のメッセージを頂くことは特に珍しいことではないのですが、このお客様に関してはこのメッセージを頂く前に相談されたことがとても印象的でした。それが、ちょっと前にお越しになった時の帰り際の一言。

「本当にこれで痩せていくんですか・・・???」

これ、物凄く正直な感想だと思うんですね。

僕のところは、食事制限はほとんどさせないし(というか、希望が無い限りは極力避けます)、「2ヵ月でマイナス〇〇キロ」みたいな誇大広告は絶対に出さないわけですが、一般的なパーソナルトレーニングジムっていうのは平気でそうゆうのさせるじゃないですか。

もうガッツリの食事制限。いや別にいいんですけど、お客様がそれのメリットもデメリットもきちんと分かった上で実施するなら。

で、このお客様のご友人が最近別のパーソナルジムに行って2週間で4kg痩せたんですって。こういうの聞くと、そりゃ焦ると思うんですよ。でもね、仮に数字上で4kgの体重が減ったとするじゃないですか。

それ、何が4kg減ったんでしょうね??

まず、こちらをご覧になりましょう。約2kgの筋肉と脂肪の実際の大きさで比較した模型です↓

いいですか、4kgって言ったら、これのじゃないですか。もうそこそこの大きさじゃないですか。

これが本当にたった2週間で4kgの脂肪を無くせるほどの才能があるなら、きっとその方は何かプロスポーツ選手とか、ボディビルダーとか、体を使って活躍する世界で一気にトップが取れますよ。

じゃあ、何が減ったかと言うと、ほとんどは「水分」かと。あとは筋肉。そして少しの脂肪本日はこの話の解説記事です。

食事制限で「減るものは何か」?

そもそも論、食事制限をすると、体から何が無くなっていくのかをきちんと理解しましょう。

我々人間は、大きく二つの代謝機能を使って活動をしています。

一つは基礎代謝。簡単に言えば、生きているだけで使うエネルギーのことです。

もう一つは活動代謝。こちらも簡単に言えば、何か運動したり活動したときに使うエネルギーのことです。ちなみに、こちらは日常動作のいわゆる歩くであるとかの基礎運動も含まれます。

何が言いたいかと言うと、我々は勝手にエネルギーを消費して活動する生き物」だということです。

つまり、エネルギーを必要としているわけです。じゃあそのエネルギーをどこから得ているかと言うと、食べ物から得ているわけです。当たり前と言えば、当たり前の話です。

食べたエネルギーよりも消費したエネルギーの方が多ければ痩せるし、消費したエネルギーの方が少なければ脂肪として身体にどんどんついていくわけです。

さて、ここでいわゆる「食事制限」をしてみましょう。何が起こるのか。

我々が活動するためにエネルギーが必要なのに、食べ物が体に入ってきません。困るじゃないですか。

じゃあそんなとき、人体はどうするかというと消費した分のエネルギーを体内から持ってこようとします。

それが一般的には脂肪を燃焼させて、エネルギーに変えることだと言われます。これは実際のところ、

半分正解の半分不正解

と言ったところでしょうか。食事制限で真っ先に無くなるのは脂肪ではありません。確実に筋肉です。これは、絶対にその後痩せにくい体になります。

筋肉がどれだけ身体にあるかが体作りのカギ

先ほど挙げた基礎代謝ですが、もう一度簡単に説明すると、これが高ければどんどん痩せやすい体になります。だって、生きているだけでエネルギーを消費するんですもん。

この基礎代謝はどうやったら向上するかというと、そこで筋肉の登場です。

基礎代謝量というのは、筋肉量に比例します。ですので、筋肉が増えれば増えるほど体作りにとっては有利になるわけです。だから昨今多くの人が筋トレに励むわけですね。

じゃあ、話は戻ってもう一度食事制限をしてみましょう。今説明したばかりですが、筋肉というのは体に存在するだけでエネルギーを消費します。そこで、食事制限をしてみましょう。

「外からエネルギーは入ってこないのに、エネルギーを使う邪魔者(筋肉)がいる」

というそういう状況になります。これを別の例で例えてみましょう。

「働かず給料を持ってこないのに家でごろごろして金だけ使う旦那」

まぁ、こんなのとニュアンス的には同じです。

うざったくないですか??

この例、もしかしたら思い当たる節がある方もいるかもしれません。もしこういう旦那がいたらどうしますか??

追い出したくなるじゃないですか

これと一緒です。人間の身体は。ごはんを食べないからエネルギーは入ってこない。でも筋肉が勝手にエネルギーを使っちゃう。じゃあ、

優先的に筋肉から減らしていこう

と身体は判断します。ですので、食事制限をしてまず減っていくのは確実に

筋肉

です。筋肉っていうのは小さくても密度がすさまじいので重いんですね。だから、ちょっと減っただけで体重計の数字を見るとものすごく減っている感じがします。

で、もっと怖いのは、これで食事制限をし続けたその先ですよ。筋肉なんて、もうほとんどないんですね。代謝めちゃくちゃ低くなるわけです。だから、食事制限しまくった身体というのはとっても痩せにくい体に仕上がっています。

これで本当にいいんですか?というのが今日の話の本質です。

あなたの身体は、あなたの生きてきた年数で作られた

いいですか、冒頭の当スタジオのお客様が「友達が別のパーソナルで2週間で4kg痩せた」っていう話があるじゃないですか。

この話がいかに恐ろしい話かということです。

そのときは嬉しいかもしれませんね。その時は。

でも、実際僕のところに来るお客様っていうのは、一度こうゆう風に別のパーソナルジムでがっつり食事制限をさせられて、その時一瞬は痩せた。けど、

やめて自分1人になったら、またリバウンドした

ってこんなお客様ばっかりです。もう何のために時間とお金を払ったのか、分からなくなっちゃうじゃないですか。

皆さんが短期間で痩せたいとか、体を変えたい気持ちは十分よく分かります。そりゃみんな一気にお金持ちになれたらいいし、突然モテたらいいだろうし、いきなり英語が話せるようになった方がいいにきまってるじゃないですか。

けどね、今の身体っていうのは、皆さまがこれまで生きてきた年数で作ってきた身体なんですね。それを、たった2~3ヵ月、もしくは数週間で劇的に変えるっていうのは、絶対に無理があるじゃないですか。

身体っていうのは、あくまで「適応反応」なんです。やったようにしか絶対に変わらない。逆に言えば

やったらやった分変わる

ってことです。だから、焦る必要なんてないんですね。キチンとやってれば、今回ご紹介したお客様のように、確実に結果として出てきて、しかも一度身に着けた筋肉っていうのは、落ちにくいし、落ちたとしてもトレーニングすればすぐに元に戻ります。(こうゆうのをマッスルメモリーっていうんですけど、昔記事書いたので興味のある人は探してみてください)

だから、僕は言いたいんです。食事制限中心のパーソナルトレーニング業界で

いい加減目を覚まそうよ

と。こんなことをやっていたら業界は悪い評判でいっぱいになるし、何よりもお客様が自分の身体をあきらめちゃうと思うんですよね。

というわけで、本日はなんだか最近ますます変な方向に行っているパーソナル業界において、お客様からのメッセージで思うところがあったので、記事にしてみました。

次回こそは以前書いていたウォーキングの記事を書いて参りたいと思います・・・!!

ではでは。

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。