自分の体のことも分からないのに、ダイエットなんて出来るわけないじゃないですか

こんにちは!ミナミです。

ブログ引っ越ししまーーーーーーす!!!

という宣言をしてから全く更新しなかった僕がやっとこっちのブログを再開しました。

スタジオの方で更新予定のブログは真面目に体のことを語っていく場として、

こっちのブログは僕個人のブログとして思っていることとか普段感じたちょっとしたことをつらつら書いていこうと思っています。

さて、タイトルにある通りですが、「自分の体のことも分からないのに」というのは結構重要なポイントなんじゃないかなと思っています。

というのも、僕のところは沖縄県内のパーソナルトレーニングスタジオの中でもちょっと色物感があって

下半身専門とか

HPには色々ごちゃごちゃ書いてあるし

トレーナーはあんまりトレーナーっぽくないし

とまぁ色々な条件の整ったスタジオであることは間違いないのですが、それでも多分県内でも有数の人気ジムであることは間違いなくて(手前味噌ですが)

で、それがなんでかっていうと、やっぱり

トレーナーの学習量の差

なんじゃないかなって思うわけです。

実はこのテーマは今までも何度か書いているのですが、最近はほぼ確信に変わりつつあるというか、

ここ2週間くらいで僕のお客様の何人かの実際通ってる印象とか、なんで通ってるのかとかを聞くインタビューをしたんですけど、その中でも共通して出てきたキーワードは

知識が物凄い(見かけによらず)

という話で、やっぱりそうゆうところが評価されているんだなと強く感じる次第であります。

というか、トレーナーが知識で勝負しないで逆に何で勝負すんだっていうところも正直あるわけですが。

僕に関しては好きで体のことを勉強してるオタクなのでそうゆう意味ではごく自然とやっていることではあるのですが、

でもそれだけトレーナーっていうのは知識量が1の人でも100の人でも「トレーナー」と名乗ることが出来ちゃう仕事ではあるんですよね。

僕の個人的な所感でいうと、実は僕のところに来る前に別のジムに通ってた経験のある人の方が通うことを決めてくれやすいです。

なんでかって、前のトレーナーさんとの比較が出来るからですけど、僕からすれば当然伝えるべきそのお客様の体の情報をお伝えしてるだけですが、初めて聞いた!と驚かれる人も多いわけで、

そりゃ、乗り換えてくるわ

と思うわけです。

単にトレーニングだけやるトレーナーと、根拠を示しながらトレーニングをするトレーナーでは当然後者の方がお客様も納得しやすいわけで、

トレーナーの仕事の第一はトレーニングをさせることではなくて、

お客様に今の状態を正確に教えてあげることなのに、出来ないトレーナーはとても多いですね。

だから、単に自分のトレーニングが得意なトレーナーでジムを起業した人ほど結構すぐにつぶれていく傾向が強いのかと思います。

しょせん、パーソナルトレーニングの商品はそのトレーナー自身なので、勉強量がそのまま商品力の向上につながると肝に銘じながら、今日も夜遅くから各スポーツ固有の運動理論を学ぶ・・・そんな深夜01:00。

今日はこんな感じ。

こっちのブログはこんな感じで今後やっていっていいのか不安ですが、でも真面目なブログはスタジオブログの方で更新するのでそれはそれでご覧頂ければと思います。

ではでは

ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。