【お客様からの質問シリーズ】パーソナルトレーニングって結局なんなの??

こんにちは!ミナミです。

8月も終わり、今年は「平成最後の夏が終わるぞー!!」なんて言葉をおく耳にしましたが、沖縄は8月が終わっても全然暑いので夏が終わった気がしません笑

とはいえ、本日より9月に入りました。今年もあと4ヵ月、フルスロットルでいきましょう!!

さて、昨日初めてご来店されたお客様より

「パーソナルトレーニングとは一体なんなのか?」という体のこととはちょっと違った、僕の仕事の本質を突いたような質問がありましたのでちょっと書いておこうと思います。

パーソナルトレーニングって結局なんなの??

皆さんの「トレーナー」の認識ってなんですか?

というわけでちょっと最近の体のhow to系の記事とはジャンルの違った記事ですが、「パーソナルトレーニング」を考えるときに一番重要なのが、その仕事を提供する「トレーナー」の存在だと思います。

ですが、皆さんはこの「トレーナー」をどのような人だと認識されているでしょうか。

最近では良くも悪くも〇イザップの影響が強く出ているため、「〇〇ヵ月でマイナス〇〇キロ!!」という謳い文句をよく目にするようになりました。そのため、初めてパーソナルトレーニングに行こうと考えるお客様にも

「お金さえ払えば、CMと同じようにしてくれるんでしょ??」

と思われながらご来店頂く方が実はそこそこいらっしゃいます。先にハッキリ言っておきますが、

そんな簡単に痩せれません。体は変わりません。

ただ、やはり現在のパーソナルトレーニング業界の主流は糖質制限に代表されるような「食事制限ダイエット」ですので、こういったダイエット方法を用いてお客様をがっつり短期間で痩せさせるジムが急増しています。

それはそれで確かに一つではあるのですが、僕はこういった流れに賛同していません。

普通に考えてみれば分かることですが、お客様の体型というのはこれまで生きてきた年数をかけて作ってきた体ですので、これを数か月そこらで一気に変えるとすれば、それはもうかなり極端な食事制限をさせられるわけです。

その結果、ほぼ確実にリバウンドすることになります。実際に当スタジオにいらっしゃるお客様も一度パーソナルでがっつりの食事制限をした後にリバウンドをしたからいらっしゃったという方がたくさんいます。

「一瞬でもいいから痩せた自分が見たい!」

という方はいいかもしれません。でも、基本的には一瞬だけ良い思いをすることが良いサービスだとは僕は思いません。

どうせなら、その先もずっと健康的な体でいることを皆さん望まれるのが普通ではないでしょうか。

そのためには、ずっとパーソナルトレーニングに通うにはコストがかかり過ぎます。ですので僕の結論は

「自分の体のことを理解して、自分に必要な運動やトレーニングを自分で行えるように身に着ける」

だと考えています。

当然、こういったサービスを行うためには一人一人の体の違いをカウンセリング・評価して、適切に運動処方しなければなりません。だから、僕の考えるトレーナー像は、もの凄い量の勉強量を求められます。

ゆえに、パーソナルトレーナー業界とは実は、人体の知識を求められることから「整形外科」の領域になることになります。

でも、現在流行りのトレーナーはこうではありません。

「食事管理する人」=「トレーナー」ではない

僕のスタジオに来て頂くとお分かりになることですが、全然シンプルじゃありませんし、思いのほか難しい体の話をたくさんこれでもかってくらいされます。

でも、それっていうのは僕の自己満足の話ではなく、ほぼ全てがお客様自身の体の話です。

僕のこれまでに得てきた知識や経験をもとにお客様の体について色んな話をするのですが、それは上記にも書いた

「自分の体のことを理解して、自分に必要な運動やトレーニングを自分で行えるように身に着ける」

を実現するために必要なことだからです。

でも、実際にこういったサービスを提供すると、少なくないお客様から

「こんなに話をしてくれたトレーナーさんは初めて」

と言われることがあります。そうです。僕のやっていることは現在のパーソナルトレーナー業界の流れとは反しています。

というよりも、むしろ現在の主流の方が王道から外れていると思うのですが、あまりにも食事制限で痩せさせるトレーナーが多すぎます。そしてその結果、トレーナーとして本来必要な人体への知識などがなく、メッキがはがれてトレーナーを廃業する人も多くいるのが実情です。こういった、食事制限を管理するトレーナーは遅かれ早かれ仕事が続けられなくなります。

僕のこのメディアでは実はこのことに対しては何度も言及しているのですが、やはり

「学習することをやめたトレーナーは廃業した方がいい」のです。

食事制限を適切にさせたいのであれば栄養士の方がいいかと。

なので、トレーナーというのは決して食事制限をさせる人ではなく、「人体への正しい知識を持ち、それをもとにお客様の体を正しく評価して、サービス後もずっと使える知識と技術を提供する」というのが僕の考えるトレーナーとしての仕事です。

パーソナルトレーニングは協働作業

話が長くなってきたのでそろそろやめますが、最後に「パーソナルトレーニングは協働作業である」ということに対して言及をしておきます。

やはり、まだまだ「お金さえ払えば」という考えの人が少なくありません。

ですが、トレーニングというのは自分の体に合っていなければ意味がないことから、「技術」ととらえる方が無難かと思います。(僕のスタジオでスクワットをやったことがある人はよくお分かりになるかと思いますが。。)

つまり、習得するためには

学ぶ(スタジオやジムでトレーニングをする)→自分で実践する→またトレーナーによる修正を受ける・・・

というような繰り返しを経て、やっと自分のものにすることが出来ます。

ということは、パーソナルトレーニングで成功するというのは、お客様自身の努力も必ず必要になってくるわけです。

ですので、僕は必ず全てのお客様に

「僕(トレーナー)と一緒にいない時間に如何に頑張るかが勝負ですよ」

と口を酸っぱくしてお伝えしています。

これが真実だと思います。最終的にいかに運動をライフスタイルに出来るのかが、その後の自身の体型や健康を好調に過ごせるかの鍵です。

すみません、色々考えながら書いていたらだいぶ長くなってしまいました。

今日はこんな感じの記事で!!

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。