EMSで「着けてるだけで痩せる」って本当??

こんにちは!日曜日のミナミです。

最近はだいぶ落ち着いてきた感もありますが、スタジオにいらっしゃるお客様からよく聞かれる質問に

「EMSって効くの??」

という質問があります。そもそも、「EMSってなに???」という方もいらっしゃるかと思いますので、そのあたりもふまえながら更新をしていこうと思います。

EMSで「着けてるだけで痩せる」って本当??

そもそもEMSってなんじゃい!!

まずはEMSとは何かをご説明しましょう。例えば、最近はあまり目にすることはなくなりましたが(僕は)、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドが広告塔の、お腹に貼ってるだけで痩せる!!みたいな器具の総称で、

Electrical Muscle Stimulation

の略です。

直訳すれば「電気的筋肉刺激」ということになりますが、その名の通り、外部からの電気刺激によって筋肉を動かす機械です。

EMSで筋肉が鍛えられるの理論

そもそも、人間が体を動かすというのは、脳から命令が出されて、その命令が全身の神経回路を通ってそれぞれの筋肉がその命令を受け取って収縮し、自由に動かすことが出来るわけです。

で、こちらのEMSという機械が直接皮膚から電気を流すことによって上記のようなプロセスをシカトして筋肉に直接働きかけるわけです。ですので簡単に言えば

「自分の意思とは無関係に筋肉を動かす(収縮)機械」

と思ってくれれば良いかと思います。

え、じゃあ簡単に痩せそうじゃん!!

こうやってEMSの説明文を書いていると、「確かにこうやって聞くと良さそうに聞こえるなぁ。。」と僕も思います笑

でも、そんな簡単にいかないからボディメイクやダイエットは大変なわけで、ここからEMSでは痩せない(筋肉がつかない)理由をお話していきます。

EMSで痩せない理由①そもそも筋肉への負荷が弱すぎる

実はこれが僕の思うEMSの最大の弱点だと思うのですが、先日コチラの記事で筋肉を鍛えるためにはそれなりの負荷とそれなりの回数とそれなりのセット数、そして筋肉をオールアウトさせる必要があることを書きました。

仮に、痩せるための筋肉(遅筋繊維)を鍛えたい、という人がいた場合、その人に必要なのは15~20回程度で筋肉がオールアウトするくらいのトレーニングです。

いいですか、15~20回くらいで「もうこれ以上は出来ない!!!」というくらいでやり切る必要があるとしたときに、どうですかね。

EMSって、普通に

「僕は仕事中もずっと付けっぱなしですよ!ハハハ!!

と芸能人の方がCMで仰っているわけですが、何がここのポイントかと言うと

「ずっと付けっぱなしでも耐えられるくらいの負荷しかかかってない」

ということです。

仮に1時間の間ずっとEMSを付けていられたとしたら、

「1時間鍛えていても全然大丈夫なくらいの負荷」

と言い換えることが出来ます。それがどれくらいの負荷かと言うと、まぁめちゃくちゃ弱いんだな、と思ってもらえればいいかと思います。

ちなみに、たまに「俺毎日腹筋100回やってるから」としたり顔で豪語する細マッチョ君がいたりしますが、100回出来るということは、その腹筋運動の1回分の負荷は激弱だということがもうここまでお読みの方はお分かりになるかと思います。

EMSで痩せない理由②部分痩せはそもそも出来ない

このことも僕のこのメディアでは何度か書いていますが、基本的に人間の体で「部分痩せ」という概念は存在しません。

「全身の代謝が向上すれば、その分全身の消費カロリーが増え、全身痩せていく」というのが基本です。

ですので、お腹にEMSを張り付けたから、お腹だけ痩せるということはないわけです。

あと加えて、EMSって各社特徴的な形状をしているものが多いですが、みんな一人一人筋肉の形は違いますから、もし貼った部分の筋肉しか収縮できないならそこの筋肉だけ異常発達しちゃうんじゃないの?と地味に思っていたりします。

EMSで痩せない理由③そもそも、脂肪を取らないとお腹はへこまない

大体EMSの多くはお腹をターゲットにしたものがほとんどかと思いますが、お腹が引っ込まないのは筋肉が足りないせいではなく、脂肪がついてるからです。

ですので、まず脂肪を無くす努力をした方がいいわけですが、「お腹の脂肪を取るために、お腹を鍛える」という発想はそもそも間違っています

お腹を鍛えても、お腹はへこみません。スクワットをやりなさい。

というのが結論なのですが、お腹痩せしたいなら「どういった筋トレをすべきか」を考える前に食事を見直した方が圧倒的に結果が出るスピードは速いです。

お腹痩せはまず食事から

というのは覚えておいてもいいかもしれません。今回はそれがテーマの記事ではないので詳細には触れませんが、お腹には皮下脂肪と内臓脂肪の二種類の脂肪があるので、内臓脂肪を減らすためには食事からアプローチしないといけないのです。

EMSを全否定するわけじゃない

というわけで、僕個人としてはEMS1時間やるんだったら5分でスクワット30回やった方がいいよ、ということなのですが、EMSでも有効な方もいると思います。

例えば、既に現在日常生活に支障をきたすほど筋肉量の低下がみられる高齢者の方などはこういった器具は有効だと思っています。

ただ、あくまで「高齢者」の方なので、この記事を読んでいらっしゃる健康な方はとりあえずちゃんと筋トレしましょう。

今回はここまで!!

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。