腹筋なんか鍛えたって、お腹はヘコまないって何回言わせるつもりだい?

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。

本日火曜日は本当はお店はお休みのはずだったのですが、今月の12~16日まで出張のため、スタジオをお休みとさせて頂くため、本日も元気に皆さんとトレーニングしております!

ちなみに、前からいらっしゃってる当スタジオのお客様はご存知のことかと思いますが、私ミナミは定期的に自身のレベルアップのために研修出張にいっております。

やはり良くも悪くも沖縄というか、もちろん僕自身沖縄が好きだからこの地で仕事をさせて頂いているわけですが(生まれ育ちはガッツリ東京人)、

なにせ情報は沖縄にいても入ってこない

という、これは沖縄特有だと思います。

特に、あくまで整形外科的な、科学的根拠のあるデータは県内にいても中々入ってきません。だから特に東京から沖縄に移住してきた僕は、トレーナーはどんどん県外に情報を自分から取りに行く必要があると思っています。

というわけで、繰り返しになりますが4月は

12~16日の間県外出張のためスタジオをお休み

とさせて頂きますので、何卒よろしくお願いします。

さて、本題に入っていきましょう。

腹筋なんか鍛えたって、お腹はヘコまないって何回言わせるつもりだい?

基礎代謝を上げたいなら〇〇の筋肉を鍛えるべき

さて、前置きというか、お知らせが長くなってしまいましたが、本日のテーマに入っていきましょう。

昨日更新した記事でも紹介しましたが(というかもはや常識になりつつありますが)

要は痩せるというのは

摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ痩せる

わけで、消費カロリーを増やすためには大きく二つの方法論があります。

① 基礎代謝を増やす
② 活動代謝を増やす

もうこの話は言わずもがなですね。

で、その中でもやはりおススメしたいのが①基礎代謝を増やす、なわけですが、基礎代謝を増やすということについてのメリットは

・何もしなくても消費するカロリーが増える
・糖を摂取しても筋肉のエネルギーになりやすい

などなど、多くのメリットがあるので是非どんどん筋肉量を増やして欲しいところでありますが、

じゃあ、どこの筋肉を鍛えるべきなのか

という話になるわけです。

これはもう、

下半身一択

です。いいですか、一択です。圧倒的No1です。

それぞれの筋肉量を比較してみよう

なんで下半身一択かというと、これはもうそれぞれの筋肉の筋肉量を見てもらった方が早いので、抜粋して載せておきましょう。

一般的にマイナーな筋肉を紹介してもしょうがないので、分かりやすくイメージできる筋肉を列挙します。

・大胸筋(胸の筋肉):676㎥
・腹斜筋(いわゆるシックスパック):170㎥
・腹斜筋(脇腹の筋肉):143㎥
・広背筋(背中のデカい筋肉):550㎥
・上腕二頭筋(いわゆる力こぶ):366㎥
・上腕三頭筋(二の腕のたぷたぷ):620㎥
・大殿筋(お尻のデカい筋肉):864㎥
・大腿四頭筋(前もも):1913㎥
・ハムストリングス(もも後):776㎥

などなど。
※ちなみに上記のデータは筋肉博士石井先生監修のプロが教える筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト辞典から引用しています

で、さらっとみただけで、特に下3つの筋肉は下半身の筋肉の一部ですが、ちょっと他と桁が違うと思いませんか??

下半身の筋肉というのは、大体おへそから下部分で全身の7割を占めると言われています。

それだけ全身の中でも大部分の筋肉を占めるわけですね。

ダイエットを始めて腹筋運動をするなんてナンセンス

じゃあ、みんな大好きシックスパックの腹直筋ですが、どうでしょうか。

・腹斜筋(いわゆるシックスパック):170㎥

です。

はっっっ!!小さっっっっ!!!

って思いませんか?

これを見ても、まだ全身の約7割を占める下半身と、ごく一部の筋肉の腹筋

どっちを鍛えるかなんて明白だと思いませんか??

そういうことです。お腹に脂肪が乗っている場合、腹筋運動なんかするよりもスクワットやって下半身を鍛えた方がよっぽど早く上半身も締まってきます。

そもそも腹筋は割れてるって知ってる?

ちなみに、それなりに脂肪が乗っている人がお腹を割りたい場合、何が一番簡単な方法かご存知でしょうか??

腹筋を鍛えまくって筋肉を隆起させること!!!

と考えられた方、全然違います。

このへんをまだ誤解されている人も多いですが、

そもそも腹筋は割れています。

真ん中の線を白線(はくせん)、一つ一つのブロックを腱画(けんかく)といって、何もせずとも腹筋というのは割れているわけです。

ですので、腹筋を割りたい人が一番最初に取るべき方法は、

さっさと脂肪を取ること

です。お腹周りの脂肪が取れると筋肉が浮き出てくるので、勝手に割れてるように見えます。

たまに、やたら身体が細いのに、なぜか腹筋が割れている人というのは、別に腹筋が発達してるんじゃなくて、単に痩せていてお腹周りに脂肪がついていないだけです。

ですから、最終的に結論としては元に戻るのですが、

痩せたければお腹じゃなくて、下半身を鍛えること

という話です。もうこれは最低限の知識として押さえておきましょう。

そして、皆さま、私ミナミがどんな人物かご存知でしょうか?

はい。沖縄で唯一の「下半身をメインにしたパーソナルトレーニングスタジオの代表トレーナー」です。

なので、ここだけは譲れないわけです。

下半身を鍛えたい方は是非当スタジオへ。

というわけで今回はこんな感じのライトな話題で!

ではでは

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。