新年度なので改めて筋トレをするメリットをプロ目線で3つに絞ってまとめてみたという話(後編)

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。

本日は昨日の記事の続きですので、まだご覧になっていない方はまずそちらからご覧くださいませ。

昨日の記事はこちらから→新年度なので改めて筋トレをするメリットをプロ目線で3つに絞ってまとめてみたという話(前編)

と、いうわけで本日も早速まいりましょう!

新年度なので改めて筋トレをするメリットをプロ目線で3つに絞ってまとめてみたという話(後編)

昨日の記事では「インスリン感受性」というテーマに触れていきましたが、お次はこちら。

筋トレをするメリット②「成長ホルモンの分泌」

二つ目に挙げるのがこちら、成長ホルモンの分泌を促すという点にあります。

で、ですよ。

「成長ホルモン」って、説明できる人って実はあんまり多くないんじゃないかなと密かに思っています(知ってるわ!という方は飛ばしてください)

ですので、まずは「成長ホルモンとはいったい何か??」

という話から話をしていこうかと思います。

成長ホルモンってなに??

成長ホルモンが何か、という話のその前に、「ホルモン」という物質から定義しておく必要があるのではと思いますが、ホルモンとは簡単に言えば

身体の様々な機能をコントロールする物質

と考えればOKかと思います。

ちなみに、ホルモンとは一口に言っても、成長ホルモンをはじめとして実に100種類以上のホルモンがあることが確認されています。

なので、その100種類以上のホルモンが、それぞれ異なった役割を持って身体の中で働いているわけですね。

じゃあ、成長ホルモンは一体どんな役割を持って働いているホルモンかと言うと、一番わかりやすいのは「伸張を伸ばす」こと、かと思います。

ですが、いつまでも身長が伸びるはずもなくて、子供から大人までのステージによって成長ホルモンの役割は限定されるわけです。

では、身長が伸び切って大人になった我々にとって成長ホルモンがまだ持っている役割が何かというと、

「代謝」

です。こうなると、今度は「代謝」ってなんだ??ということになりますよね、大丈夫です。ちゃんと説明をしましょう!

代謝というのは、簡単に言えば

身体に入ってきたものを、エネルギーに変える働き

と言えます。

生きていくためには当然エネルギーが必要で、それは単に呼吸をしているだけでもエネルギーというのは消費されていくわけです。(基礎代謝)

つまりですね、成長ホルモンが分泌されればされるほど、

体細胞を合成促進して筋肉や骨を作る

また

疲労回復

あとは

病気への抵抗力を強くする

などの効果があるわけです。

成長ホルモンは年を取ると分泌されなくなる

で、こういった作用のある成長ホルモンですので、分泌されなければそもそも筋肉は育つことが出来ないわけですが、成長ホルモンは

加齢とともに分泌が減ります

じゃあ、どんどん筋肉や骨は弱くなるし、疲れやすくなるし、病気にもなりやすくなるじゃないか!

とお思いの方、成長ホルモンというのは、筋肉に刺激を与えると年齢は関係なく成長ホルモンが分泌されます。

ですので、筋トレというのはこういった内分泌にも大きな影響を与えるわけですね。

筋トレをするメリット③女性は筋トレしてもなかなかマッチョにはならない(むしろどんどん引き締まる)

そして、最後のメリットですが、僕もトレーナーとして活動をしていると、プライベートで筋トレなんてむしろ今までしたことないという女性から

筋トレすると逆に筋肉ついて太くなるからやりたくなーい

と言われることがあります。はい、断言しましょう。

筋肉で太い女性なんて、ほとんど一般にはいません

もし、筋トレをして太くなったと感じるのであれば、それは

脂肪が無駄に乗っているだけ

です。安心してください。僕がこの仕事をしていて筋肉が付きすぎて太くなっている人なんて

100人見ても、たぶん1人もいない

くらいの割合です。

筋肉と言ってもですね、全てが全て同じ性質を持つかというとそうじゃないんですね。

筋肉にもタイプがある

一般的に「筋トレ」と聞くと想像されるのはボディビルダーさんたちのような

マッチョでムキムキ

のような身体をイメージされるかと思うのですが、ああゆうタイプの筋肉は

筋肥大

と呼ばれます。

一般女性で

筋肉つけると太くなるからやりたくなーい

と言われる方は、要はこちらのタイプの筋肉をイメージされるわけです。でも、大丈夫です。なかなかああゆう風になりません。

というか、なれません。

筋肥大(要は筋肉を大きくすること)に必要な大事な要素の一つに

テストステロン

があります。これ、何かわかりますか??

男性ホルモン

のことです。

僕のブログをご覧頂いているのはほとんど女性の方かと思いますが、女性の皆さん

男性ホルモン出てますか??

そんなに大量に出るわけがないのです。女性ですので(ゼロではないですが)。

ですので、そもそも女性が筋肥大させるというのは、実はかなり高難度のことです。

でも、女性でもムキムキの人がいるじゃないですか!!

という反論もあるかと思います。お答えしましょう。

最近TVやSNSで見る、筋トレによってかなり鍛え上げれた身体を披露されている女性も最近ではよく目にするようになりましたね。あれは

「生活の中心を身体作りにおいた上で、かなりの時間をトレーニングに費やし、食事も綿密の計算した上でストイックに自分を年単位で追い込んで、しかもその上に「才能」のある人」

だけがああいう身体になれます。

ですので、実は正確に言うと、「ああいう身体になりたくない」ではなく

「ほとんどの人はどんなに頑張ってもああいう身体にはなれない」

が正解です。ですので、安心してトレーニングしてください。

むしろ、一般的な女性は正しくトレーニングをすればするほど引き締まっていく人がほとんどです。

ただし、正確な知識と技術は必要

とは言ったものの、最後に少し最近の傾向について言及をしておくのですが、最近の筋トレブームで「なんちゃってトレーナー」が増えたことが事実としてあります。

どういうことかと言うと、人体に対しての知識(例えば、解剖学であるとか機能解剖、運動生理学etc…)がなく、

「自分がトレーニングをするのが得意だからトレーナー活動をし始めた人」

という人です。はっきり言って、これはかなり微妙です。

同じように見えて、人間の筋肉の付き方や骨格というのは皆さん異なっています。ですので、人間の身体に対しての知識がないと、自分の身体を扱うことはできても、他人の身体を扱って、同じ結果が出るとは限らないわけです。

これをどんな時に思うかと言うと、僕のスタジオには「今まで別のジムに行ってたけど、違和感を感じて一回こっちに体験しに来た」という方が結構います。

ここ一週間でも、こんな方がご来店されました。

その方は大阪から1カ月限定で沖縄にいらっしゃっている方なのですが、大阪で既に5年通われているパーソナルトレーニングジムがある、というんですね。

その方がパーソナルに期待していることというのは、とにかく

「お尻のボリュームを出したい」

ということで、そこで沖縄に行く中で下半身のプロ中のプロである当スタジオにいらっしゃいました。

で、皆さん5年パーソナルに通われてるって、どう思いますか??

相当トレーニングしてるんだろうなと思いませんか??ちなみに週2回で通われているそうです。

じゃあ、僕の目から見るとどうなのかと言うと、

めっちゃ身体動いてません

なので、僕のスタジオにいらっしゃってる方は当然お分かりかと思いますが、僕のところは初めていらっしゃったお客様にウェイト(ダンベルとかバーベルとか)を持たせることはありません。

5年間週2回パーソナルに通っていた方でも同じです。その方、5日間の筋肉痛になった後、この一カ月は僕のところに通ってきてくださっています。何が言いたいかっていうと、

身体のことを分かってないトレーナーと、分かっているトレーナーは、同じようなトレーニングをしても数倍くらいの効果の差が出る

ということです。

決して安くないですからね。人生で何回も利用するサービスでもないかと思います。ですので、是非トレーナー選びはちゃんとして欲しいところであります。

今回のブログも結構長くなりました。というわけで、今回はここまで!!

ではでは

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。