【DOKIPOKE掲載記事】太らないためのお酒との付き合い方

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。

皆さんゴールデンウィークも4日目ですが、いかがお過ごしでしょうか?

僕は相変わらず本日もスタジオにおります。が、お願いですので

「アタシ今10連休中ぅぅぅぅぅぅぅぅうううう!!!!」

みたいなテンションで来るのはやめてください。

わざわざゴールデンウィークの楽しさを歌にしてボイスメッセージで送ってくる猛者(もさ)もいる始末・・・

今日も僕は頑張ります。

【DOKIPOKE掲載記事】太らないためのお酒との付き合い方

DOKIPOKEさんにて連載が始まりました

さて、今回の記事ですが、沖縄の中でも「松山」という少し特殊な地域で営業させて頂いている当スタジオですが、この松山という地域で流通している「DOKIPOKE(ドキポケ)」という雑誌をご存知でしょうか?

簡単に言えば、松山を中心としたその周辺にある主に飲食店を紹介している情報誌なのですが、こちらのDOKIPOKEさんが次号で創刊100号を迎えるということでご依頼を頂き、トレーナーとしてダイエットに関する記事を毎月連載させて頂くことになりました。

僕もこれまでに某雑誌やウェブメディアなど様々なところからご依頼を頂き記事を書いてきましたが、今回のDOKIPOKEさんのような種類の媒体で記事を書かせて頂くのは初めてだったので驚きもありましたがそれよりも面白そうの方が勝ち連載を快諾させていただいた次第であります。

今回のテーマは「太らないお酒との付き合い方」

で、昨日担当の方から「出来上がったので渡しにいきますね!」と渡された記念すべき創刊100号のDOKIPOKEがコチラ↓

僕の連載がコチラのページ↓

僕のスタジオにいらっしゃる方の多くは普段松山にいらっしゃらない方も多いので、実際にこちらを見る機会も中々ないと思いますので、本日の記事では連載している記事をそのまま掲載しようと思います。

結構誤解されている方も多いのですが、僕のスタジオは松山にあるためにいわゆる「夜のお仕事」をされている方ばかり通われてると思われている方が結構いらっしゃいますが、

全然そんなことありません。

むしろ少数で、一般の方が9.5割ですのでお気兼ねなくいらして下さい。

松山でも中心の方じゃなくて外れの方ですし。なんなら昼間はびっくりするくらい人がいなくてのどかな街であります。

というわけで以下に実際に掲載されている文章を載せているのですが、紙面のスペース上どうしても1,500時程度に抑える必要があったため、内容としてはもう少し踏み込んで書きたかったところではありますが、それはまた別の機会に書いていきたいと思います。

【DOIPOKE掲載記事】太らないためのお酒との付き合い方

 

さて、早速ですが、DOKIPOKEをお手に取って頂いているということは、これからお酒を飲みにいく場所を探されていますね?

でも、これから楽しく飲みたいのに、「お酒のせいで太りたくない」と思われている方も多いかと思います。

そこで、今回は仕事やプライベートで楽しくお酒を飲むために、「太らないためのお酒との付き合い方」というテーマで情報をお届けしたいと思います。

お酒は「太る飲み物」です

はい、まず知っておいて欲しいのはそもそも「お酒は太る飲み物」です。飲み過ぎれば内臓脂肪がしっかりと付きます。

例えば、ビール中ビン一本のカロリーは200キロカロリーで、ご飯お茶碗一杯分と同じくらいになります。

しかも、アルコールというのはただカロリーがあるだけではありません。

まず、単純に食欲が増しますのでついつい食べ物に手が伸びてしまいます。

そして、アルコールには内臓脂肪の蓄積を促すホルモンを分泌する作用があります。

さらに、肝臓で分解されるときに飲んだ量に比例して中性脂肪の合成が進みます。

これを見ただけでも嫌な単語が並んでいるので「あぁ、お酒ってやっぱりダメなんだ・・もうこんなの知ったら飲めない!」となってしまいそうですね。分かります。

「飲んだら太る」これはもう現実として受け入れましょう。

大事なのはちょっとした心がけ!飲むものと食べるものを変えるだけ太りにくくなる

「じゃあ毎日お酒を飲んでるアタシはどうすればいいのよ!」なんて声が聞こえてきそうですが、飲むものや食べるものを意識的に変えるだけで太りにくくなります。そこで、日常で実践できるポイントを紹介していきましょう!

気を付けて欲しいポイント①飲むもの自体を意識する

これはご存知の方も多いかと思いますが、お酒には醸造酒と蒸留酒があり、それぞれ

■醸造酒:ビール・ワイン・シャンパン・日本酒・紹興酒
■蒸留酒:焼酎・泡盛・ウイスキー・ブランデー・テキーラ

という分類があります。

一般的に「蒸留酒は太らない」という話を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?蒸留酒は醸造酒よりも糖質が低いのでそう言われます。ですので、基本的にアルコールには変わりないので飲み過ぎれば太ることは間違いないのですが、出来れば蒸留酒を積極的に選ぶようにしましょう。(シャンパンばっかり飲んだらダメですよ!)

気を付けて欲しいポイント②おつまみは水分の多いものを選ぶ

先ほど、「肝臓で分解されるときに飲んだ量に比例して中性脂肪の合成が進む」という説明をしましたが、要するに「飲みながら食えば確実に太る」ということです。

だから、「おつまみ」には気を付けて欲しいわけですね。

具体的には、「水分が多く含まれるものを選ぶ」ことが大切。

例えば、おひたし・温野菜・豆腐・キノコなど、水分を含み、脂質が少ない食材はたくさんあります。

とはいえ、実際に飲んでるときにこういった食材を食べるのは結構難しい(というかあまり食べたくない)のは僕もよく分かります。じゃあ、どうするか。

水をお酒を飲む前後・途中に飲むことです。

アルコールは水に溶けるので、こうすると尿と一緒に体から早く出ていきます。つまり、水をしっかりと飲むと「太りにくい」「酔い防止」「二日酔い防止」と一石三鳥です。

お酒は楽しく飲む!でも毎日飲むならちょっと気を付ける

というわけで、最初の連載から少しショックな内容だったかもしれませんが、お酒好きな人や頻繁に飲まれる人ほどちょっとしたことを意識するだけで長い目で見れば結果が大きく変わります。

飲むときは飲む!でも、普段飲むときは少しだけ飲み方を変えてみてはいかがでしょうか。

studio kinari ミナミ

というわけで、今回はこんな感じ。またご覧ください。

ではでは

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。