「呼吸が浅いと疲れやすくなる」をちょっと専門的に説明してみた~後編~

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinari(スタジオキナリ)のミナミヨシトです。

沖縄も寒くなってきましたね、ミナミはガッツリ風邪対策としてイソジン鼻うがい液R1ヨーグルトという三種の神器を買い揃え、これから冬を元気に過ごす準備を整えたところです。

お客様でも季節の変わり目で体調を崩されている方が増えていますので、皆さまもお気をつけください。

さて、そんなこんなで前回の記事の後編を更新してまいります!

「呼吸が浅いと疲れやすくなる」をちょっと専門的に説明してみた~後編~

ちょっと前回の内容をおさらい

今回の内容は文系の方にはとっつきにくい内容かと思いますので、前回の内容をザクっとまとめると

・人間が活動するためにはATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーが必要

・ATPはミトコンドリアで作られる

・ミトコンドリアは酸素を使ってATPを作る

・でも、酸素を使わないでも実はATPを作ることは出来る(その場合作られるATPは少ない

・「ATPが不足する=エネルギー不足」で不健康

・つまり、酸素を使ってATPを作る=呼吸は大事

という内容で前編をお送りしてきました。

今回はその続きになります。

「酸素を使う呼吸」は「酸素を使わない呼吸」はATPの差が19倍

ちなみに、呼吸の中でも酸素が必要な呼吸を好気呼吸(こうきこきゅう)、酸素が必要じゃない呼吸を嫌気呼吸(けんきこきゅう)といいます。

で、なんでここまでややこしい話をごちゃごちゃ話してきたかと言うと、

呼吸(好気呼吸)がいかにエネルギーを作り出すためには大事か

ということを伝えるためなのですが、上記の好気呼吸と嫌気呼吸を実際に化学式で表すと

■好気呼吸

C6H12O6+6O2+6H2O→6CO2+12H2O+38ATP

■嫌気呼吸

①アルコール発酵
C6H12O6→2C2H5OH+2CO2+2ATP

②乳酸発酵
C6H12O6→2C3H6O3+2ATP

ということなのですが、上記の化学式を見て別に分かる必要はなく、見て欲しいのは化学式の最後にどれくらいのATPが作られているか、というところです。

ご覧になって頂ければすぐにお分かりになるかと思いますが、好気呼吸の場合は38モル(モルは単位)のATPが作られ、嫌気呼吸の場合は2モルのATPが作られています。

つまり、

酸素を使った呼吸をすると、酸素を使わない呼吸に比べて19倍のATPを作っている

ということです。

ここで作られたATPが全ての活動の原動力になるわけですが、何が言いたいかというと

だから、酸素を取り入れるためにちゃんと呼吸が出来ることが大事

ということです。

ここまでの内容について、

全く言っていることが分からん!!

という方、大丈夫です。とにかくここで分かって欲しいことは

呼吸をキチンとするだけで摂取した糖質(上記の好気呼吸の化学式でいうところのC6H12O6)からエネルギーが作り出される

ということです。

ですので、逆に言えば、呼吸が浅くなればエネルギーが産生されにくくなる、ということになります。

じゃあ、浅い呼吸を改善するためにはどうすればいいの??

というわけで、これまでにややこしい話をしてきましたが、ここから簡単に呼吸の改善方法について説明をしていくわけですが、もっとも簡単なのは横隔膜(おうかくまく)にアプローチをすることです。

もちろん、腹式呼吸等、呼吸に関しては色々言うべきことはあるのですが、トレーナーとしてはやはり筋肉の話をするべきとぃうことで横隔膜の説明をするのですが、そもそも

「横隔膜が筋肉である」

ということを認識していなかった方も多いのではないでしょうか??

そうなんです、横隔膜というのは筋肉なのです。なので、横隔膜自体の外見上の変化を見ることは難しいですが、鍛えることもストレッチをすることも理論上は可能です。

そして、基本的に呼吸が浅い方というのは基本的に横隔膜が硬くなっている人が多いので、ストレッチをするだけで呼吸は深くなっていきます。

じゃあ何をすればいいのかというと、一番簡単なのは、ヨガで言うところの「コブラのポーズ」かと思います。

久々のYouTubeから拝借した外人さんお手本動画を載せておきます笑↓

今回のまとめ

ちなみに、今回最後に出てきたキーワードである

横隔膜

ですが、これを整えてあげるだけで

・姿勢が良くなる

・呼吸が深くなる

・くびれを作りやすくなる

などの効果があります。

そうなってくると、もうちょっと横隔膜のことを知りたくなりませんか??

大丈夫です。次回の記事で横隔膜についてご説明をしていきましょう(完全に思いつき)

というわけで今回はここまで!!

studio kinari(スタジオキナリ) ミナミヨシト

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。