長母指屈筋が弱くなると、脚にはほぼ悪い影響が出るというお話

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。

さてさて、本日は前回から一転して、また筋肉の解説記事を更新していこうと思いますが、僕の書くブログはいわゆる一般的に広く知られている筋肉の紹介はあまりしない(ネットで検索すればいくらでも他の人が書かれているので)んですが、

実際問題

僕からすると、どの筋肉が有名で、どの筋肉がマニアックとゆうかマイナーかってちょっと難しい。一般的に広く知られているかどうかっていうのは、要は

「筋トレで鍛える筋肉かどうか」

みたいな話で、僕みたいな純粋にボディメイクのことだけを考えるようなトレーナーじゃない人間にとっては、どの筋肉も等しく人間の機能として必要だから存在しているわけで、という感覚なわけです。だから、実際はこれまで学習してきた際に、「筋トレで鍛えるべき筋肉は・・・」という思考ではなくて、

「機能改善するために必要な筋肉は・・・」

という思考をするので、一般的にはマイナーでも、人間が生きる上では必要な筋肉だからとうことでサラッとそんな筋肉たちのことをご紹介している次第であります。

で、そういった観点で言うと、僕の専門としている脚・足の中でもやはり覚えておくべき筋肉というのはいくつかあって、足の中でそれを取り上げようとパッと思いつくのは

長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)

であります。まぁ、一般の方はご存知ない筋肉であることは承知の上ですが、このへんの筋肉が弱くなると、100%下半身に悪い影響があるので、そこんとこを本日はご紹介して参りましょう。

長母指屈筋が弱くなると、脚にはほぼ悪い影響が出るというお話

内側縦アーチの要、長母指屈筋

さて、本日も参りましょう!

まず長母指屈筋(ちょうぼしくっきん)と言われても、実際どこの筋肉か全く想像つかないという方のために、まずこちらをご覧いただきましょう↓

はい、足底(足裏)の筋肉です。この筋肉の主な役割は分かりやすくて、

母趾を屈曲(曲げる)

これだけです。簡単ですね。

で、話は一見変わるようなのですが、足底のアーチの話をちょっとだけ。いわゆる「土踏まず」ってありますよね。あれは、足裏にあるアーチの一つで、内側縦アーチ(ないそくたてあーち)といいます。

足には内側縦アーチも含めて合計で三つのアーチが存在します。

① 内側縦アーチ
② 外側縦アーチ
③ 横アーチ

こんな感じ↓

で、なんでこんなアーチ構造が必要かっていうのは掘り下げるとこれだけで一本記事になっちゃうのでかいつまんで書くと、上記の図みたいなドーム状になっているので、例えば歩行時に足が着地するときにこのドーム構造が潰れて

クッション機能(負荷分散:トラス機構)

が働くし、逆に足が地面から離れるときには潰れたドーム構造が元に戻る際に

バネ機能(推進力:ウインドラス機構)

が働いて前に進む推進力になるわけです。で、ドーム構造を維持するにはアーチ構造がちゃんと機能していることが前提なのですが、沖縄の皆さん、僕に足を見させて下さい。

大体10人見たら5~6人は内側縦アーチが潰れている

という事態が起きます。これ、もちろん原因を一つに絞っちゃいけないんですけど(実際にはアーチ構造を支持している8割は靭帯だったりもするので)、自分でアプローチして改善することが出来る筋肉で言えば今回ご紹介する

長母指屈筋

が弱くなる(使えていない)と、内側縦アーチが支持できなくなります。なので、是非皆さんにはこちらを大事に大事にしてあげて欲しいわけであります。

意外と落とし穴。長母指屈筋が弱いと足首が浮腫む

で、長い前置きをした後にこちらの筋肉の解剖的な説明を簡単にすると

ちなみに神経支配は脛骨神経。という具合になっているわけですが、これは解剖図をもう一度見た方が早いので、こちらをどうぞ↓

これがですね、どうしても業界の中の人でも多くの人が勘違いしていることの一つで、足裏の筋肉だからといって、足裏で筋肉が完結するんじゃないんですね。

この長母指屈筋というのは、母趾からふくらはぎまでつながる筋肉です。で、この長母指屈筋と長趾屈筋(ちょうしくっきん:長母指屈筋とは違い、他の四本の指を曲げるための筋肉)の間には後脛骨動脈(こうけいこつどうみゃく)が流れ、その隣を後脛骨静脈(こうけいこつじょうみゃく)が流れています。

だから、足のくるぶし付近が浮腫んでると悩んでいる方も多いですが、この筋肉が弱い(または全体的に筋肉が弱い)せいで筋ポンプの機能が果たせずに足先から心臓に血液を戻す後脛骨静脈の血流が滞った状態になっている方も多いわけです。

試しに、足の親指にぐっと力を入れてみて下さい。指に思ったより力が入らないとか、つりそう!!という方、たぶん弱いです。なので、そういう方は本日から足の指の筋肉を少し意識するだけで浮腫みが改善する可能性があります。

じゃあ、どうすればいいのかというとこれは簡単で、足の指を使って(曲げて)ください。トレーニング的には「足底 トレーニング」とはでググると死ぬほど出てくると思いますので、そちらをご参考にして頂ければと。

もう一つ。長母指屈筋の弱化のせいで、下半身全体に影響が出る可能性があるという話

で、ここまでお読みなられると、

「ふむふむ、足の指の筋肉なんて今まで考えたことあまりなかったけど、色んな弊害が出るのね・・・」

と思って頂いたことかと思います。そんな方に追い打ちをかけるようなのですが、この筋肉が弱くなると、足だけでなく膝や股関節、骨盤にまで影響を与える可能性が決して低くありません。

というような連鎖が起きます。こういうのを運動連鎖といって、当然のことながら体は全部上から下までつながっているので、「どこか一部分に変化が起きると、別のところにも影響が出る」ことを言います。

ちなみに、この足部から骨盤までの一連の変化はある程度パターンがあって、カップリングモーションといいます。

なので、簡単な言葉でまとめていくと

□長母指屈筋が弱くなると、膝が痛む可能性がある

□長母指屈筋が弱くなると、O脚やX脚になる可能性がある

□長母指屈筋が弱くなると、骨盤が前傾して腰が痛む可能性がある

□長母指屈筋が弱くなると、前モモがやたら張る可能性がある

・・・・・

というようなことが起こり得ます。どうです??やっと足の筋肉について興味がわいてきたでしょうか?

つまり、たかが足の指の筋肉とはいえ、決して軽視できない。だから、筋肉に有名もマイナーもない、というのが僕の持論であります。

ちなみに手前味噌ですが、この分野(足・脚)に関しては、少なくとも沖縄内のトレーナー業界では僕がぶっちぎりNo.1である自信があります。この辺の機能改善や評価・トレーニングはまず負けないかと思います。

というか、下半身が全身の7割の筋肉を占めるから、本当はトレーナーたるものこの辺はがっちり学習すべきなんですけどね。

最後にインソールについて

さて、マニアックな内容なようで、実はそんなに深く掘り下げていない内容だったりするんですが、普通の方がこれをまともに読んだらもう頭パンパンかと思います。

で、最後にそんな足裏を改善するツールで、最近は「インソール」がそこかしこに販売されているのをご覧になったことがある方も少なくないじゃないでしょうか。

もうかなり長文になってきたので個人的な結論だけ書きますが、

「現代に生きる人は、基本的にインソールは使用した方がいい」

と思います。はっきり言って、普通に生活するだけで、生活環境のせいで足はどんどんダメになります。これは皆さんのせいじゃないです。

舗装された地面、高機能は靴(逆に機能が失われている靴)のせいで、足はどんどん弱くなっています。だから、意識して普段からトレーニングするのももちろんありですが、そんなの面倒じゃないですか。だから、最低限インソールくらいは入れておいた方が無難、というのが個人的な考えであります。

ただ、最後に一点だけ注意をしておくと、インソールは物によってかなりばらつきがあります。もちろん僕のところに現物を持ってきてもらえると色々アドバイスは出来るんですけど、まぁ、一番簡単なのは価格で見ることかと。

既製品インソールなら4,000~7,000円くらい

オーダーメイドインソールなら20,000~30,000円くらい

という基準があれば、そんなに機能的には間違えないし、ぼったくられることもないかと思います。

是非、見かけた際には実際に足にはめてみてください。結構感覚変わりますよ。

ふぅ、結構一気に書きましたね。本日はこんな感じ。

次回は9月22日ごろを予定しております!ではでは。

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。