筋トレをする前は、狙った筋肉の「逆」の筋肉を伸ばせば効果が増すという話

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。

皆さん、運動や筋トレをする前に何となくストレッチをして身体を伸ばしているという方も多いかと思いますが、ストレッチの仕方一つで効果が変わるということをご存知でしょうか?

トレーナーとしての「あるある質問」としてよくあるのが

「お尻に効くはずのトレーニングが、お尻じゃなくて他の筋肉に効いてる気がして・・」

などの、「狙っていない筋肉が鍛えられちゃう」という悩みがご自身でトレーニングをしている方の中には結構多いのではないでしょうか?

こんなのも、筋肉の仕組みが分かると普段のトレーニングの手助けになるのではと思い、本日の記事更新に至ったわけであります。

ということで、本日も参りましょう!!

筋トレをする前は、狙った筋肉の「逆」の筋肉を伸ばせば効果が増すという話

主働筋と拮抗筋とは?

さて、ちょっと皆さんにイメージして頂きたいのですが、例えば上腕二頭筋(いわゆる腕の力こぶの部分)を鍛えようとしたとき、様々なトレーニング方法が考えられるものの多くの人はアームカール(バイセップカール)を想像されるのではないでしょうか?

ちなみにアームカールはこれ↓

女の人で上腕二頭筋をがっちり鍛えたいという方はあまり多くないとは思いますが、分かりやすい例ですのでお付き合いくださいm(__)m

このアームカールで腕を曲げるとき、上腕二頭筋(力こぶの部分)が収縮して力を発揮します。このように、関節を動かすときに主として働く筋肉を主働筋(しゅどうきん)といいます。

で、この主働筋の動き(収縮)に対して逆の動きをする筋肉があります。これを拮抗筋(きっこうきん)といいます。

今回のアームカールの例で言えば、主として働く筋肉(主働筋)が上腕二頭筋、その逆の働きをする拮抗筋の役割をしているのが上腕三頭筋(いわゆる二の腕のたぷたぷ)になります。

こういった役割は全身どこの関節を動かしても発生するわけですが、これを主働-拮抗関係といったりします。

鍛えたい筋肉の「逆」を伸ばすと筋トレの効果が増す

で、ここからが本日の本題。アームカールの例でちょっと想像をしてみて欲しいのですが、肘関節を曲げるとき(屈曲)に力こぶが盛り上がり上腕二頭筋が働いている(主働筋)とき、裏側の上腕三頭筋は緩んで伸びている(拮抗筋)ことになります。

この収縮している筋肉(主働筋)とは逆の筋肉が(拮抗筋)が緩んで伸びてくれるから肘関節は十分に曲げることが出来るわけです。

逆に、今度は腕を伸ばして(伸展)みようとすると何が起きるかと言うと、上記の上腕二頭筋と上腕三頭筋の役割が逆転します。

つまり、主働筋と拮抗筋が入れ替わるということです。

腕を伸ばすときには上腕三頭筋が主働筋となって収縮して、上腕二頭筋が拮抗筋となり緩んで伸びる

つまり、お互いに協力しながらバランスを取っているわけですね。じゃあ、このバランスが崩れてしまったらどうなるでしょうか?

肘関節を中心に考えたときに片方の筋肉ばかりを重点的に鍛えてばかりいたら、片方に引っ張られたり、正しい軌道で動かなくなったりという弊害が出てきます。

例えば、腹筋群が主働筋であるとき、その拮抗筋は背筋群になりますが、腹筋ばかり鍛えていたら上体が体全面に引っ張られすぎて身体が丸くなってしまう可能性もあります。

なので、鍛えたい筋肉(主働筋)とは逆の筋肉(拮抗筋)を筋トレ前に十分に伸ばしておくことというのは、主働筋がしっかり働いてくれるために必要なことなんですね。

筋トレのときに使いたくない筋肉は事前にほぐすと使われにくくなる

で、この関連でさらに話を一歩前に進めると、本記事の冒頭で書いた

「お尻に効くはずのトレーニングが、お尻じゃなくて他の筋肉に効いてる気がして・・」

ということが、ここまでの話を理解していれば容易に分かるわけです。

筋肉の動きというのは大きく二つ、収縮するか伸長するか、のどちらかです。

そして常に筋肉を使っている状態になっていると収縮しっぱなしとなり、筋肉が緊張している状態が続くことになります。

この筋肉が緊張した状態で筋トレをするとどうなるか。

下半身をメインに行っている僕のスタジオでよくある例を言えば、多くの方がお尻であったり内ももを鍛えたいのに、意図せずとも大腿四頭筋(前モモ)が鍛えられてしまうという現象が起きます。

ですので、ちょっとこれは裏技チックですが、多くの人は筋トレのときにこれから使う筋肉をストレッチすると思いますが、上記のような人は、これから使う筋肉以外の筋肉を入念にストレッチして緊張をほぐしてあげることでこういった問題が解消されることが多々あります。

一般的な考え方のをいく方法ですが、せっかく筋トレをしているのに上記のようなお悩みを持たれている方は是非お試し下さいませ。

というわけで本日はこんな感じ。

ではでは

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。