基本中の基本!腹筋(クランチ)の正しいやり方を動画解説

こんにちは。ミナミです。

当スタジオのYouTube公式チャンネルを開設しました

少しばかり更新が滞っていましたが、その代わり、今回私が運営しているパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのYoutube公式チャンネルを開設致しました!!!
コンセプトは「自宅で、自重のみで出来るホームトレーニング」ということで、マシーンや器具がなくても自分で実践できるトレーニングを今後ご紹介していこうと思います。

というわけで、早速今回初めてあげた動画をもとに記事を更新していこうと思います。

動画はこちらです。

腹筋、正しくできていますか?腹筋(クランチ)のポイントとは

皆さん一度はやったことがある、いわゆる腹筋運動はトレーニングの種目名で言うと「クランチ」と言います。
非常に簡単と言えば簡単な種目なだけに、注意しないとあまり効果的ではないトレーニングになってしまいます。

動画内でも説明をしていますが、今回大きく三つのポイントをご紹介しています。

腹筋(クランチ)のポイント①頭と首を引きすぎない

やってしまいがちな間違いですね。
体を持ち上げたときに首を胸に引きすぎてしまうということです。
実はこれもやり方によっては間違いではないのですが、今回はあくまで基本を押さえましょうということでまずは
「頭と首をニュートラルに保つ」ということを意識してやってみましょう。

腹筋(クランチ)のポイント②腰を床につける

腹筋運動をするときのスタートポジションは皆さん最初は床に寝そべる状態だと思います。
そこで一度自分の床と腰に手を入れてみてください。

ここで、床と腰の間に手が入ってしまってはNGです。

この状態というのは骨盤が前傾(前に傾いている状態)ですので、腹筋がちゃんと収縮しません。
ですので、骨盤を後傾(後ろに傾ける)のですが、こういう言い方だと難しいかと思いますので、
「腰を床に押し付ける」ことを意識してみましょう。
床と腰の間に手を入れてみて、入らなければオッケーです。これが骨盤が後傾した状態です。
腹筋(クランチ)をしている間はこの状態をキープしましょう。

腹筋(クランチ)のポイント③持ち上げたらキープする

動画内ではちょっと言いそびれてしまったのですが、
体を持ち上げる際に、顎が膝につくくらい完全に体を持ち上げてしまう人がいますが、これはNGです。
せっかく筋トレをしているのに、完全に持ち上げてしまってはそこで負荷が無くなってしまいます。
ですので、体を持ち上げる角度は大体3o度くらいを目安にしてみましょう。

「え?それくらいでいいの?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、
これがキツイのです。
しかも今回のポイントで押さえて欲しいのは「そこでキープする」ということなので
さらに負荷が重くなります。

腹筋運動は実際にちゃんとやってみると、普段100回出来ます。みたいな人も正しいやり方だと10回くらいで限界という人も結構いるのです。
それだけあまり効果的ではない腹筋運動をしているということですね。

腹筋運動のその他の注意点

腹筋を一生懸命頑張っている人の中には
「下っ腹が落ちない!」とこのHPでも何回かテーマとして取り上げたことを
仰る方がいますが、中々普通の腹筋運動では落ちません。

クランチというのは、メインターゲットとなる筋肉は
腹直筋といういわゆるシックスパックの筋肉なのですが、
下は恥骨まで伸びています。

このクランチというトレーニングはこの腹直筋のうち上部(へその上)が
メインとなります。ですので、腹直筋の下側を鍛えたかったら、また別の
種目をやる必要がある、ということは注意しましょう。
また、その動画もあげてご紹介していこうと思っていますので、是非ご覧ください。

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。