上半身は痩せるけど、下半身は痩せない理由ってなに?

おはようございます!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinariのミナミです。本日は朝から打ち合わせのため国際通りはスタバから記事を更新しております。

下半身をメインにパーソナルトレーニングを行っている当スタジオによくいらっしゃるお客様からの声として

「痩せるために食事制限をして、お腹は痩せたけど下半身の脂肪が落ちない!」

という声は決して少なくありません。

で、そのことに疑問を抱く人も少なくないかと思いますが、例えば「食事制限 下半身 痩せない」などのキーワードで調べるとネット上では色んな情報が出てきます。

どれが正しい情報で、どれが正しくないのか。

今回はこのあたりについて解説をする記事を更新していきたいと思います。

上半身は痩せるけど、下半身は痩せない理由ってなに?

そもそも、「脂肪燃焼」のメカニズムって知ってる?

さて、今回も記事を書いていくわけですが、そもそも皆さん「脂肪燃焼」とはどういったメカニズムのことかはご存知でしょうか?

一般的には「運動する→脂肪燃焼する」くらいの知識で留まっているかと思います。

いや、上記の流れで決して間違ってはいないのですが、せっかく僕のブログをご覧になってくださっているので、もう少し詳しく理解しましょう。

 

STEP1 運動をして、活動するためのエネルギーが必要になる

STEP2 脳から「脂肪を分解してエネルギーを作れ!」という命令を出す

STEP3 アデポキネティックホルモン(脂肪動員ホルモン:例えばアドレナリンとか)が分泌される

STEP4 脂肪を分解するためにリパーゼ(酵素)が活性化

STEP5 リパーゼにより脂肪がグリセロールと遊離脂肪酸(エネルギーとして使える状態の脂肪)に分解されて、血液中に放出

STEP6 筋肉で脂肪酸が燃焼される

 

という、ちょっとややこしいですけど丁寧に読めばなんとなく分かる脂肪燃焼の流れを書きましたが、いかがでしょうか?

ちなみに、STEP5~6で分解された脂肪酸は一定時間の運動により燃焼されますが、燃焼されなければまた脂肪に戻ってしまいます。

よく、「ランニングは20分以上走ると脂肪燃焼が始まる」みたいな話がありますが、それはここからきています。

血の巡りが良いところは脂肪燃焼が進みやすい

大切なことなのでもう一度言っておきます。

「脂肪は一度分解されても、燃焼されなければ元の脂肪組織に戻ってしまう

はい、これは今すぐメモしておきましょう。

ちょっとイメージしてください。今、一生懸命何かしらの運動をしているとします。

身体は動くためにエネルギーを欲しています。もう一刻も早くエネルギーが欲しいわけです。

言い換えると「さっさとエネルギー(脂肪酸)を届けてくれる」ことが今は最優先

エネルギー(脂肪酸)は血液の流れに乗って運ばれます。

全身の流れの中で、一番流れの早いところはどこでしょうか?

上半身です。

血液を循環させるポンプである心臓はあるし、内臓はあるし、足は動かさなくても手を動かす機会は日常にあふれているし(特に沖縄では)、物理的に物質は重量の影響で上から下に流れていくし、上半身というのは血液が巡りやすい条件が揃っています。

つまりですね、身体エネルギーを欲しているとき、

「さっさとエネルギーを供給してくれるところからエネルギーをもらった方が効率がいい。だから上半身の脂肪からさっさと使っていこう」

と考えるのが普通じゃないですか。

じゃあ、下半身はというと、これとは真逆なわけですね。

そもそも、下から上に血液を運ぶというのは、重力に逆らっていかなければいけないわけですから、ちょっと大変。

だから、こんなエネルギーを取りにくい場所は「後回し」にしましょうよ、と。

誰がお腹が減ったときに近くにおいしい定食屋さんがあるのに、わざわざ車に乗って30分かかる同レベルの定食屋さんに行くのかと。

そういう話です。

いわゆる「下半身太りの理由」は下半身を鍛えれば大体解決できる

で、改めてネットで「下半身太り 理由」と調べてみます。

すると、様々な理由がここで見つけることが出来ます。

・セルライト
・むくみ
・姿勢の悪さ
・骨盤の歪み etc…

いや、これ全部筋力の低下が原因で起こることですから!!!

この中で唯一セルライトに関しては正直体質的な問題もありますが、痩せてる人でもセルライトくらいありますよ。

そもそもセルライトというのは、脂肪組織が肌の真皮まで突き出てしまっていることなので、ゼロにすることは難しいですが脂肪を減らすことで目立たなくすることは可能です。

さて、ご自身のことを少し考えてみてください。特に下半身太りで悩んでいる方。

下半身の筋肉は鍛えていますか?

いや、アタシは日々筋トレしてるわよ!!

なるほど、それは素晴らしい。では結果はいかがでしょうか。思ったように結果が出ていない?

じゃあやり方が悪いんですね。

何事もそうですが、どんなに頑張ったとしても方法論が間違っていれば成果には繋がりません。

むくんでいる?

なるほど、下半身の筋肉が足りないから老廃物とか余計な水分が下半身からうまく運ばれなくて滞留しているんですね。

姿勢が悪い?

ふむふむ、姿勢を維持するための筋力が足りないということですね。もしくは、骨格を正常なポジションに保つための筋肉のバランスが悪いということですね。

骨盤が歪んでいる?

はぁーなるほど。骨盤が歪んでいるということは、骨盤に付着している筋肉が弱いということですね。主に骨盤低筋群とか、お尻周りの筋力の低下ですね。

・・・・

というわけで、実は世の中で「下半身太りの理由」とされているものはほぼ全て

下半身の筋力低下

で説明が付きます。

もちろん、「むくみには水をたくさん取る」とか、そのほかの方法論もあるかと思いますが、根本解決にならないじゃないですか。

だし、むくみが取れた程度で「脚が細くなった!」と劇的に改善する人もそうはいませんよ。

下半身太りの理由は様々な理由が複合的に絡んでいるので、たった一つ、その問題を解決するとしたら

下半身に筋肉をつける。筋肉量を増加させる。

これしかありません。

是非、この記事を読んで納得してくださった方は今日から頑張って「正しい」方法でスクワットでもやってみてください。

少なからず結果は出ますので。

「正しい方法」が分からない方はお近くの身体のプロまでご相談下さいませ。

studio kinari ミナミ

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。