【マニアック】でも、目元パッチリには眼輪筋というお話~後編~

こんにちは!沖縄那覇のパーソナルトレーニングスタジオstudio kinari(スタジオキナリ)のミナミヨシトです。

昨日本当は記事の更新をしようと思っていたのですが、シンプルに風邪を引きまして。

気力が充実していたら風邪なんて引かないと思っていたのですが、本当突然風邪って引くんですね。ビックリしました。

一昨日の夕方前のお客様の途中に「あれ?めっちゃ水みたいな鼻水出てくる・・・??」とは思っていたのですが、みるみる内に喉も痛くなるわ、頭も痛くなるわで、あ、これ風邪引いたわ。と。

今年の三月以降ほとんど休みらしい休みを2日以上連続で取っていなかったから、といえばそうなのですが、体って本当正直ですね。

内科分野はあまり詳しくないですが、筋肉然り、体も寝ている間にしか治ることは無いということでこの二日間はビタミン葛根湯経口補水液を体に詰め込んで、あとは本気で寝て寝て寝まくりました。

するとあら不思議、風邪発症してからちょうど二日分くらいガッツリ休んでケロッと治った(ような気がする)ので現在の記事更新に至るわけであります。(お休みのご連絡をした皆様、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした)

風邪対策には諸説色々ありますが、やはりセオリーは①睡眠②水分③ビタミンの三種の神器です。たぶん皆さんもこの時期一回くらいは風邪引くと思いますので、ヤバいと思ったら是非参考にして下さい。

【マニアック】でも、目元パッチリには眼輪筋というお話~後編~

まずはさらっと前回のおさらい

というわけで今回も前置きが少し長くなりましたが、前回の記事の続きです。

前回の内容ですが、さらっとおさらいすると、

■今回のテーマは「眼輪筋(がんりんきん)」

■眼輪筋の役割は「目を閉じる」働き

■眼輪筋が弱くなると「目のたるみ」「目のクマ」「ドライアイ」の原因になる

ということでした。

眼輪筋が弱くなるとおでこのしわにも影響が出る・・・・?

というわけで今回の内容ですが、この眼輪筋然り、体にある筋肉というのはそれ単体で働く筋肉というのはほとんどありません。

つまり、どの動作をするにしても主体となる筋肉以外の筋肉のサポートも受けているということです。

で、この眼輪筋ですが、まぶたの筋肉ですのでその上のおでこの筋肉とも密接につながっているわけです。

押さえておきたいのは皺眉筋(すうびきん)前頭筋(ぜんとうきん)の二つです。この二つは眼輪筋と密接な関係にいるので、どんな形の筋肉かは覚えておきましょう。はい、こちらです↓

■皺眉筋(すうびきん)

■前頭筋(ぜんとうきん)

どうでしょう?

もはや全部繋がっている気がしますよね。これらの筋肉は目を開け閉めするときに同時に使われる筋肉でもあります。

ですので、眼輪筋の力が弱ってくると、そのサポートにこれらの筋肉が使われることになり、おでこのしわという形で影響が出てきます。

いいですか、もう一回おさらいします。

①眼輪筋が弱くなる

②すると、目のたるみクマなどの影響が出てくる

③眼輪筋のサポートをするために皺眉筋や前頭筋などがサポートにはいる

④その結果おでこ周りのしわが出来る

という流れです。恐ろしい!!!!

世の女性たちはこの記事を見て今頃戦々恐々としていることかと思いますが、なので「眼輪筋を鍛えよう!!」という話になるわけですね。

眼輪筋はどうやって鍛えればいいのか??

というわけで眼輪筋の鍛え方に参りましょう。

ハッキリ言って、説明をするというほどでもないほど簡単ではあるのですが、

①まず目を細めましょう

はい、ストップ

今、目を細めた際に眉間にしわが寄った人、これはアウトです。

あくまで眼輪筋の力だけを使いたいので、眉間にしわが寄るということは別に皺眉筋の力も使ってしまったということになります。

ですので、眉間にしわが寄らないように注意をしながら目を細めてみましょう。

ちなみに、上記でお話した

「別の筋肉を使わない」

というは筋トレ全般においてとても大事なことです。

狙っているはずの筋肉ではない、別の筋肉を使っている気がするというときはちょっと注意しましょう!では次に進むと

②思い切り目を開きます

はい、もう一回ストップ。ここでおでこに思いっきり横のしわが寄っている人は、これもアウト

結構難しいですよね。ちなみに今巷で話題の「顔ヨガ」はこういったことに注意して行います。

初めてやって出来る人もほとんどいないと思いますので、ちょっとしたテクニックをご紹介すると、目を思い切り開く際に、おでこに手の平を当てておでこや眉毛が動かない状態を作ると、他の筋肉を使わずにすみます。

普段あまりトレーニングとしては気を使わない、「目」の周りの筋肉ですが、いかがでしたでしょうか?

眼輪筋が弱くなる原因はパソコンやスマホの見過ぎとよく言われますが、とは言ってもどうしようもありません。現代人ですから。

なので、こういったちょっとした知識を持っていることが大事なんじゃないかな、と僕は思うわけです。

というわけで今回はここまで!!

皆さんも風邪にはお気をつけて!!

studio kinari(スタジオキナリ) ミナミヨシト

ミナミヨシトが運営するstudio kinari(スタジオキナリ)に一度体験にいらっしゃいませんか?

もしあなたが「パーソナルトレーニングなんて自分には関係ないし・・」と思われていたら、それは違います。
私が運営するstudio kinariでは、

「お客様がなぜ理想の体にならないのか?」

「なぜ自分の体が今の状態なのか」

「自分にとって必要なトレーニングはなにか」

という、理想の体にするために必要なことを、プロのトレーナーとしてお一人お一人のお体をカウンセリングしてお伝えしてきます。そして最終的にお客様がご自身で自分の体をコントロールできる状態にすることが私の仕事です。

「足と脚からライフスタイルを変える、美脚美尻トレーナー ミナミヨシト」のstudio kinariの詳細はこちらからご覧いただけます。