沖縄・那覇のダイエット&パーソナルトレーニング情報を発信する那覇市松山のstudio kinariが運営するCHURA BEAUTY by FITNESS。沖縄の車中心の生活で運動不足の方に向けた、肥満解消ダイエット方法や筋トレ方法などのパーソナルトレーニングをご紹介していきます。CHURA BEAUTY by FITNESSがある沖縄(那覇)のジムで筋トレをして美しい身体を手に入れましょう!
公開日:2017年4月23日
最終更新日:2017年5月11日

こんにちは。ヨシトです。
前回までで、「短期間で本気で痩せたかったら糖質制限!(非推奨)」というお話をしてきましたが、さらにダイエットを加速させたい女子はあと何をすべきか?というお話です。

今更ですが、このシリーズはとある実在人物がモデルになっています

実はヨシトの知り合いであと二か月で結婚式を迎えるというのに仕事が忙しく自分の体には全く着手出来ていないというSE女子(アラサー)がこのシリーズのモデルとなっています。

この人を自分がトレーナーとして直接見ずにどうやって痩せさせようかな、という視点でこのシリーズの更新をしているのですが、短期間集中でその一瞬だけ痩せていればいい、という目的であれば、まずは前回までの「食事制限」が第一。次に来るのは何だろう、と考えるとやはり「筋トレ」でしょう。

「筋トレ」で痩せる

もはや昨今では筋トレがダイエットに効果的なのはメジャーな話になりましたが、ちょっと前までは筋トレしよう!というと、「足が太くなるからいやだ」とか「ムキムキになりたくない」といった声がよくお客様からも言われていました。むしろ今でもそう思っている方も少なくないかもしれません。

ポイントは「基礎代謝」

ダイエットと聞くと、知識がなくてもまず実践しようとするのが食事制限だと思います。ですが、これには大きな問題があり、確実に基礎代謝が落ちます。

基礎代謝とは、簡単に言えば、「生きているだけで勝手に消費するエネルギー」のことです。ちなみに、平均的に女性は一日1,200キロカロリー、男性で1,500キロカロリーといわれています。

この「勝手に」というのがポイントで、基礎代謝が上がれば上がるほどどんどん痩せやすい体になっていくわけです。この基礎代謝アップのポイントがまさに「筋肉」になるわけです。

ですが、極端に食事をしないダイエットをすると筋肉を落とす原因になります。つまり、筋肉が落ちるということは、基礎代謝も確実に落ちます。それだと痩せにくく太りやすい体になってしまうということです。

つまり、ダイエットをしながら、基礎代謝は落とさないために筋トレをする。ということが求められるわけです。

ちなみに余談ですが、筆者は周りの人から「なんでそんなに食べているのに太らないの?」と言われることが多々あります。正確には周りからは気づかれない程度に脂肪はついているのですが、そもそも筋肉量が違うのでちょっとやそっと食べたところでいきなり太ることはまずありません。

まず行うべきはスクワット

筋トレすると痩せやすくなるのは分かった、じゃあ結局どんな筋トレをすればいいのかおいうと、結論はスクワットです。

ああ、スクワットか・・いやだな・・。と思われた方、まぁ話を聞いて下さい。
筋トレをすることのダイエット効果って、筋肉がついて基礎代謝が上がることだけじゃなくて「成長ホルモン」が出ることも大事なことの一つなのです。
この成長ホルモンは筋肉を作ってくれることもそうですが、一番うれしい効果は「脂肪燃焼」だと思います。

つまり、たくさん成長ホルモンが出れば出るほど脂肪が燃焼されていくわけですが、どうやればたくさんの成長ホルモンが出るのかというと、「大きい筋肉を鍛える」ことです。

じゃあ、大きい筋肉ってどこなのかというと、下半身です。筋トレしようというと、まず「腹筋」しようという人も多いかと思いますが(もちろんボディメイクする上では腹筋も大事です)、痩せたい人はまず間違いなくスクワットです。実はこのことはこのHPで別の記事でもご紹介しています。

下半身を鍛えることが一番手っ取り早い理由

下半身には全身の約7割の筋肉が集中しています。つまり、腹筋とか、胸筋とかをどんなに鍛えたところで全身の残りの3割を一生懸命鍛えているにすぎないのです。だから、スクワットで下半身を鍛えることはとても効率的なのです。

皆さんに覚えておいてほしいことが一つあります。それは

「筋肉は狙ったところに付けることが出来るが、脂肪は狙った場所だけ痩せることは出来ない」

そう考えると、痩せるのに最も効率的なのは代謝を上げて全身の脂肪を減らしていくことを目指した方がいいわけです。

よし、スクワットをしよう!!でも・・

ではスクワットをしよう、という話になるのですが、スクワットにはコツがあります。実は、このコツを押さえていないからスクワットが嫌われる原因になっているのだと筆者は考えています。ちゃんとしたやり方でやらないとスクワットは下半身太りに悩む女子がもっとも気にしている「お尻」や「内ふともも」にはまったく効かない代わりにふとももの全面ばかりに効いてしまい足が太くなる、ということが悩める女子には印象としてあるうです。

ですので、次回はスクワットをやる「コツ」をご紹介していこうと思います。

この記事のキーワード

studio kinari(スタジオキナリ)で理想の体と自信を手に入れて、人生を変えてみませんか?

もしあなたが「一度本気でスタジオのトレーニングを受けたら、二度と来なくても痩せる体が手に入る」としたら、一度ご相談にいらしてみませんか?
studio kinariは「お客様が二度と来る必要が無くなるパーソナルトレーニングスタジオ」です。ダイエットやボディメイクをはじめ、

など、体型に関わる様々な悩みをお持ちの方は、是非一度当スタジオのHPをご覧ください。

一度本気でスタジオのレッスンを受けたら、二度と来なくても痩せる体が手に入る」トレーニングの詳細はこちらからご覧いただけます。

沖縄県那覇市松山のパーソナルトレーニングジム
studio kinari(スタジオ キナリ)

この記事の著者

YOSHITO MINAMI
studio kinari 代表 ヘッドトレーナー 詳しいプロフィールは名前をクリック
記事一覧